鉄道博物館では本館のリニューアル、2018年夏の新館オープンに向け準備を行っております。このたび、4月27日(木)10:00より、昨年10月より休止しておりました「ラーニングゾーン」をリニューアルし、「科学ステーション」と「キッズプラザ」をオープンします。
 科学ステーションオープンにあわせて、ヒストリーゾーンを「車両ステーション」に名称変更するなど、館内施設の名称についてもいくつか変更を行います。
 今後も2018年夏の新館オープンまで、概ね1ヶ月に1箇所のペースで本館リニューアル箇所のオープンが続きます。

◆オープン日時
2017年4月27日(木)10:00

◆科学ステーション
旧ラーニングゾーンの2階・3階に新設。鉄道の科学をテーマに、鉄道に隠された不思議を発見し、科学の視線で探求することで鉄道のしくみを理解できる、実験型ミュージアムです。さまざまな鉄道の基礎知識を伝え、来館者が科学原理に気づき、発見し、楽しみながら学べる体験の場を展開します。
20170322_01

◆キッズプラザ
科学ステーションの階下、1階に新設。公募をもとにラッピングカラーを決めた103系電車、小さなお子さまが安心して遊べる乳幼児ゾーンや、鉄道玩具「プラレール」(発売元:タカラトミー)で遊べるプラレールゾーンなど、お子さまが鉄道に触れながら遊べる場所です。また、キッズプラザ内には、お子さまを見守りながら、ご家族でくつろげる「キッズカフェ」もオープンします。
20170322_02


◆今後のリニューアルについて
2017年7月中旬頃には昨年9月から休止していた「鉄道ジオラマ」が装い新たにオープンするほか、「鉄道文化ギャラリー」「トレインレストラン日本食堂」をオープンする予定です。日時等詳細につきましては、別途お知らせいたします。

(1)鉄道ジオラマ
昨年9月から休止しておりました、当館オープンから使用してきた鉄道ジオラマを全面リニューアルします。これまでのジオラマをすべて撤去し、駅も街もそして線路も、すべてゼロから新しいレイアウトで生まれ変わります。各部門のジオラマがよりリアルになるほか、これまであった観客席とジオラマの間のガラス仕切りを取り外したり、光や音を駆使したより細やかな演出を実現することで、「E5系新幹線・E6系新幹線の分割併合」などこれまで以上に臨場感あふれる運転プログラムをお楽しみいただけます。
20170323_01

(2)鉄道文化ギャラリー
鉄道ジオラマに隣接。鉄道にちなんだ映画・音楽・文学・絵画作品から駅弁・駅そばといった「食」に至るまで、日本の鉄道文化を丸ごと楽しんでいただける展示エリアです。
20170323_02

(3)トレインレストラン「日本食堂」

現在のヒストリーゾーン2階にある「レストランTD」を全面リニューアル。食堂車をテーマとし、高級感のある雰囲気の中で、車両にちなんだ贅沢なメニューが味わえるレストランです。
20170323_03

※画像はすべてイメージです。

詳細は鉄道博物館 WEBサイトをご覧ください。
http://www.railway-museum.jp/