東京地下鉄株式会社及び学校法人法政大学は、東京メトロ飯田橋駅構内において、法政大学在学生による介助を必要とするお客様に対するボランティア活動を2017年6月中旬以降より実施します。

東京メトロでは、駅ホームにおける安全性向上と全てのお客様に安心してご利用いただくため、警備員の増配置、駅社員等によるお声かけ、全駅社員によるサービス介助士の取得といった施策を進め、駅構内における「見守る目」を強化しておりますが、本施策は更なる「見守る目」として、社会・地域貢献を重視する東京メトロ沿線の大学と連携して実施する初の施策です。

今回の活動内容は介助を必要とするお客様へのお声かけ、ホームへの案内、手荷物の運搬、切符の購入・移動の支援です。

法政大学は学生センター内に「ボランティアセンター」を有し、学生のボランティア活動のバックアップのみならず、ボランティア活動を通じ近隣住民との連携を積極的に図っています。
170425_metro

東京メトロ
http://www.tokyometro.jp/index.html