鉄道博物館では、7月14日(金)10:00より、昨年9月より休止されていた「鉄道ジオラマ」をリニューアルオープンします。また、新しい展示施設である「鉄道文化ギャラリー」と、食堂車風レストランの「トレインレストラン日本食堂」も同日にオープンします。

◆オープン日時:
2017年7月14日(金)10:00

【鉄道ジオラマ】
1708_TP_01_re
オープンから約9年間使用してきた模型鉄道ジオラマをすべて撤去し、全面リニューアル。
 主なみどころは、東北新幹線E5系「はやぶさ」と秋田新幹線E6系「こまち」の切り離し、連結するシーンと、複々線の線路に、3つの駅を設け、エンドレスを2本の列車が追いつきそうになりながらも安全に走るシーンを再現したところです。また、地上カメラを設置し、プロジェクターで投影しながらプログラムが実施されるため、大きな映像で楽しめるようになりました。
 そして、鉄道関係施設がリアルになり、風景の再現もより精密になっています。席から見て右半分は都会の風景、左半分はのどかな田園風景と山岳地域を再現されています。過去に実施した「ジオラマフィギュア塗色体験イベント」に参加されたお客さまからお預かりしたフィギュア(約1,000体)もジオラマに設置されています。

【鉄道文化ギャラリー】
1708_TP_02_re
鉄道ジオラマに隣接している展示エリアでは、鉄道にちなんだ文学・映画・音楽・絵画作品から駅弁・駅そばといった「食」に至るまでを、5つのエリアに分け実物や情報端末で展示します。日本の鉄道と文化のつながりを楽しんでいただけます。

【トレインレストラン日本食堂】

1708_TP_03_re
車輛ステーション2階の旧「レストランTD」をリニューアルし、食堂車をテーマとした、高級感のあるレストラン。
 食堂車「日本食堂」から受け継がれる味をさらに進化させた特製デミグラスソースを使用する「ビーフシチュー」や「スペシャルハヤシライス」のほか、食堂車で人気のあった「ビーフカレー」を復刻しメニューにラインナップ。また寝台特急「北斗星」で実際に使用していた食器やシルバーでサービスが行われます。

◆レストラン営業時間

  平日 11:00~18:00(LO17:30)
土休日 10:30~18:00(LO17:30)



◆問い合わせ:
鉄道博物館
TEL:048-651-0088

◆鉄道博物館ホームページ

http://www.railway-museum.jp/