阪急電鉄では、沿線の活性化と旅客誘致を目的に、2018年3月17日(土)から2019年3月31日(日)まで、新たに沿線の観光スポットなどを車輛側面にデザインしたラッピング列車を、神戸線・宝塚線・京都線の各線で運行(1列車ずつ(8輛編成))します。
1805hankyu

神戸線は、さだまさしさんら人気ミュージシャンのCDジャケットや文庫書籍の表紙などを手掛け、幅広い層から支持を受けているイラストレータの中村佑介さんに、宝塚線は、宝塚歌劇の舞台作品としてもよく知られる「ベルサイユのばら」などの作品で熱烈なファンを有している漫画家の池田理代子さんに、また京都線は、豊かで美しい色彩から生み出される独特の「花と妖精」の世界で親しまれるイラストレータの永田萠さんに描いていただきました。

各列車の愛称は、昨年11月まで運行していたラッピング列車の名称「爽風(KAZE)」(神戸線)、「宝夢(YUME)」(宝塚線)、「古都(KOTO)」(京都線)を引き継ぎます。

また、2018年5月6日(日)まで、スタンプラリーも開催中です。
 各線のラッピング列車にデザインされた沿線風景の最寄駅、駅に設置された「ネスカフェ スタンド」などのスタンプ設置場所をめぐり、「ビンゴ」を完成していただきます。
 連続した4マスが埋まると、「ビンゴ賞」としてラッピング列車デザイン入りのクリアファイルをプレゼントします。さらに、「Wチャンス賞」としてラッピングデザインを描いていただいた作者のオリジナルグッズなどが抽選で当たります。


◆スタンプ設置場所

【神戸線】神戸三宮駅、六甲駅、夙川駅、塚口駅

【宝塚線】宝塚駅、川西能勢口駅、箕面駅、蛍池駅

【京都線】河原町駅、桂駅、長岡天神駅、高槻市駅、嵐山駅

ネスカフェ スタンド(19店舗)
※ 神崎川駅、塚口駅、芦屋川駅、御影駅、宝塚南口駅、逆瀬川駅、小林駅、服部天神駅、岡町駅、川西能勢口駅、清荒神駅、南方駅、総持寺駅、富田駅、高槻市駅、水無瀬駅、大山崎駅、西京極駅、千里山駅

詳細は下記ホームページをご覧ください。

◆阪急電鉄ホームページ
http://www.hankyu.co.jp/